NEW ITEM
車種検索 部品検索

Tuning------------------------

Others------------------------

ND5RC OIL&CHEMICAL

NCEC ND
Racing Energy for NA レシプロ 0W-30

写真:1

Racing Energy for NA レシプロ 0W-30

Racing Energy for NAシリーズ発売記念キャンペーン実施中

Racing Energy for NAシリーズ4L缶1缶に1個Racing Energyマスコット(非売品)をプレゼント!
先着100缶までですので、お早目に~


■商品説明

レシプロNA用エンジンオイルです。

歴代ロードスター、デミオ15MB、アクセラ15S・20Sだけでなく、
レシプロのNA車全般に適しています。


■最高速を上げるためのエンジンオイル
サーキットのタイムアタック時に、
弊社デモカーの最高速を1km/hでも上げたいという思いで開発した、
出力と最高速を上げるためのエンジンオイルです。

■小排気量NAエンジンに最適な性能
エンジン出力を向上させる上で、燃料噴射量と噴射タイミング、
点火時期を最適化することが重要なのは誰もが知っていることですが、
非力な小排気量NAエンジンだからこそ、エンジンオイルの性能が
顕著にエンジン出力に影響します。
昨今、極限まで粘度を下げたサラサラのオイルで
レスポンスと燃費の向上を目指すオイルが見受けられますが、
【 Racing Energy for NA RECIPRO 】は、
油膜保持力を高めてエンジン内部の気密性を上げ、
圧縮力を高めることでエンジントルクを向上させることを目的としています。
オイル交換後の空ぶかしのレスポンスはサラサラのオイルより
劣るかもしれませんが、実際に走ると上り坂や高回転高負荷域での
トルクアップを感じることでしょう。

■高回転域における粘性抵抗の低減のためのエステルベース
当然のことながら、エンジンレスポンスを向上させることも必要ですので、
粘性抵抗と摩擦抵抗低減のため、粘度温度特性に優れる
ハイドロカーボン系合成基油と、耐熱・溶解性に優れたエステル系合成基油を
採用しています。

■高圧縮エンジンの耐ノック対策
特にMAZDAのSKYACTIVE-Gのような高圧縮エンジンは、
ノッキングが起こりやすいので、ノック対策できるエンジンオイルが求められます。
【 Racing Energy for NA RECIPRO 】は昨今もてはやされているLSPI対応ではありませんが、
耐ノック性向上を目指して開発したエンジンオイルです。


Racing Motor OIL For NA RECIPRO
SM-CF 0W30
100%Synthetic

<価格>
1L ¥2,500(消費税抜き)
4L ¥9,000(消費税抜き)

SE前 SE後 FD FC 86 BRZ ND
Racing Energy スーパーDOT4

【 Racing Energy スーパーDOT4 】は、ウェット沸点237℃というとてつもなく
スーパーハイクオリティなブレーキフルードです。

勿論、ブレーキだけでなくクラッチフルードに使用することもできます。

特にRX-8のように、
ハードに走るとクラッチフルードのエア抜きが
必要な車種には、是非使って頂きたいアイテムです。

ブレーキフルードは、ブレーキペダルへの踏力をブレーキキャリパーに
伝達するための液体です。

昔はひまし油をベースにしたものが流通していたので
「ブレーキオイル」と呼ぶ方もいますが、
現在はオイルを使っているメーカーは皆無で
全てのメーカーがアルコール系の液体を使っています。

ブレーキは摩擦で車を止めるため、ブレーキパッド、キャリパーに
摩擦熱が発生します。
摩擦熱によってブレーキフルードが沸騰してしまうと液体内に気泡ができ、
気泡がクッションの役目をして油圧の伝達ができなくなってしまいます。
そうなるとブレーキが効かなくなる(ペーパーロック現象)ので、
沸騰しにくい(沸点の高い)アルコール系のブレーキフルードが
使われています。
アルコールは吸湿性(空気中の水分を吸収する性質)があります。
新品のブレーキフルードの使い始めの沸点は「ドライ沸点」といいますが、
時間の経過とともに水分を吸収して徐々に沸点が下がります。
一般的な使い方で、新品に交換後1年くらい経過したころの
水分を約3.7%含んだ状態での沸点のことを「ウェット沸点」と呼びます。

もちろん、より現実的な性能として、ドライ沸点よりもウェット沸点を 重視すべきなのです。

ブレーキフルードはグレードによって以下のようになります。

規格    ドライ沸点   ウェット沸点
DOT3   205℃以上   140℃以上
DOT4   230℃以上   155℃以上
DOT5   260℃以上   180℃以上
DOT4以上のブレーキフルードを使用していて街中だけの使用であれば、
車検ごとの交換で問題ありません。
峠道やサーキットなどのスポーツ走行をする場合は半年~1年毎に
交換することが望ましいです。
レースや走行会などに参加される場合は、
必ず走行前に新品と交換されることをお奨めします。
スーパーDOT4という名称は、本来の規格にはありません。
沸点値はDOT5規格をパスしているけれど、管理のしやすさや耐久性が
DOT4と同等なものに付けられた俗称です。
<価格>

¥5,000/946mL(1本)(消費税抜き)

Return to Top ▲Return to Top ▲