NEW ITEM
車種検索 部品検索

Tuning------------------------

Others------------------------

SE3P MUFFLER

SE前 RX-8 後期用 マフラーガーニッシュ

RX-8 後期用 マフラーガーニッシュ RX-8 後期用 マフラーガーニッシュ 装着写真
装着写真 RX-8 後期用 マフラーガーニッシュ 装着写真
装着写真
R Magic チューンドサイレンサーチタンテール4本出しを純正バンパーに装着するためのマフラーガーニッシュです。

装着に際し、純正バンパーを一部加工(カット)する必要があります。
カットした部分は隠れます。

材質はFRP ( 黒ゲルコート ) とカーボンの2種類。
FRPは見塗装 ( 黒ゲルコートのまま ) と艶消し黒塗装済みの設定があります。

<価格>
RX-8 後期 マフラーガーニッシュ FRP ¥31,000 (消費税抜き)
RX-8 後期 マフラーガーニッシュ FRP 艶消し黒塗装済み ¥51,000 (消費税抜き)
RX-8 後期 マフラーガーニッシュ カーボン(クリアー塗装済) ¥66,000 (消費税抜き)


※1月中旬発売開始予定 現在予約受付中
 それ以降の納期は約2~3週間

SE前 RX-8 前期用 マフラーガーニッシュ

RX-8 前期用 マフラーガーニッシュ RX-8 前期用 マフラーガーニッシュ 商品単品写真
商品単品写真 RX-8 前期用 マフラーガーニッシュ バンパー加工箇所
バンパー加工箇所 RX-8 前期用 マフラーガーニッシュ 装着写真
装着写真 RX-8 前期用 マフラーガーニッシュ 黒ゲルコートでの装着写真
黒ゲルコートでの装着写真
R Magic チューンドサイレンサーチタンテール4本出しを純正バンパーに装着するためのマフラーガーニッシュです。

装着に際し、純正バンパーを一部加工(カット)する必要があります。
カットした部分は隠れます。

材質はFRP ( 黒ゲルコート ) とカーボンの2種類。
FRPは見塗装 ( 黒ゲルコートのまま ) と艶消し黒塗装済みの設定があります。

<価格>
RX-8 前期 マフラーガーニッシュ FRP ¥28,000 (消費税抜き)
RX-8 前期 マフラーガーニッシュ FRP 艶消し黒塗装済み ¥48,000 (消費税抜き)
RX-8 前期 マフラーガーニッシュ カーボン(クリアー塗装済) ¥63,000 (消費税抜き)

SE前 SE後 FD FC 86 BRZ マフラーアース

FC3S マフラーアース
マフラーと車体間の電位差を無くすことで排気効率と防錆効果を高めます。
アーシングシステムと併用することでさらにレスポンス&トルクアップが可能になります。

<価格>
¥3,600 (消費税抜き)

SE後 M/C後 チューンドサイレンサー【 2010年4月新規制対応品 】

【 new8用マフラー 】
テストを完了し、いよいよMC後RX8用【R Magic サウンドチューンマフラー“ チューンドサイレンサー ”】の発売開始です。
それに伴いMC前RX8マフラーも一部リニューアルいたしました。

【 2010年4月新規制対応品 】です。
しかも、従来品からなんら仕様変更せず、そのまま加速騒音試験に合格。
本来の性能の高さを証明したことになります。

<性能>
RX8MC前用【 サウンドチューンマフラー“チューンドサイレンサー” 】で実績のある、メインパイプ径65φ、出口径90φを採用。
近接騒音90dBの“保安基準適合マフラー”です。
ノーマルマフラーからの交換時、馬力9.4psアップ
トルク0.7kg・mアップ
(テスト車両:RX8マイナー後RS)
グラフを比較すると、全域でトルクが向上しているのがわかります

[トルク比較グラフ] [パワー比較グラフ]

また、名前の通り、音質にもこだわって作りました。
“アイドリングや低回転では音量も少なく、回すと気持ちいいロータリーサウンド”が開発コンセプトです。

<リニューアルポイント その1 “耐久性”>
アールマジックのマフラーは、「音」「パワー」「見た目」だけでなく“耐久性”にも拘ります。
ご存知のとおり、マフラーは消耗品です。
日頃の走り方にもよりますが、音質・音量が経年変化してしまいます。
弊社のマフラーを気に入ってお使いいただくユーザーに、少しでも長い期間ご使用いただく為、消音材に連続繊維(極細35ミクロンの連続した繊維)である【 アドバンテックスグラスウール(※1) 】を採用しました。

これは大手マフラーメーカーや一部の欧州車には純正でも採用されている物で、従来の断片繊維のグラスウールに比べて耐熱性に優れていますので熱による消音効果の低下を抑えられます。
また、連続繊維である為、従来の断片繊維に比べて長期間の使用に伴う繊維の飛散による「消音効果の低下」や「音質の変化」が少ないのも【 アドバンテックス 】を採用するメリットの一つです。
※1 Advantex(アドバンテックス)は、オーウェンスコーニング社の登録商標です。
<リニューアルポイント その2 “外観”>
MC前【R Magic サウンドチューンマフラー“ チューンドサイレンサー ”】にチタンテールスラッシュ(斜め)カットを追加です。
これにより、チタンテールストレートカット、チタンテールスラッシュカット、ステンレススラッシュカットの、3種類のテールを選ぶことが出来るようになりました。
「斜め度」は、従来のステンレステールでも採用していた【 20°カット斜め45°ひねり(笑) 】弊社こだわりの『横から見ても上から見ても“ほどよい斜め”』です。
これに加え、フィニッシュは内側にカールさせることで厚みを持たせ、後方から見た際の“高級感”を出しています。

<価格>
 チタン スラッシュカット:¥126,000 (消費税抜き)
 チタン ストレートカット:¥123,000 (消費税抜き)

SE後 M/C後 エキゾーストマニホールド

3本のパイプ径は前から45φ、42.7φ、45φと、パイプ径を変えることにより、低速トルク増大とパワーの増大を両立しています。

集合部までの長さや集合角度も拘り
「低速トルクが増大し乗りやすくなった」
「高回転でパワーが出ている」
「レスポンスアップが良くなった」
と評価されています

音にも拘っており、装着することにより、乾いた高音質の、NAロータリーサウンドになります。

集合部に社外排気温度計を取り付けする際に便利な1/8PTのタップを切ったボスが溶接取り付けされています。


<価格>
¥114,000 (消費税抜き)

SE前 M/C前 チューンドサイレンサー

【R Magic サウンドチューンマフラー“ チューンドサイレンサー ”】
【 new8用マフラー 】発売に伴いMC前RX8マフラーも一部リニューアルいたしました。

材質は65φメインパイプ、タイコともにオールステンレス(SUS304)を採用しており、テールエンドはステンレスとチタンの2種類があります。
音量、音質にもこだわり、NAロータリーらしいサウンドを奏でます。
“アイドリングや低回転では音量も少なく、回すと気持ちいいロータリーサウンド”が開発コンセプトです。
純正マフラーと比較して、アイドリング時2dbアップ、近接騒音で90dbと、比較的静かなマフラーです。

■ステンレステール
リアバンパーのラインに合わせ横から見ても、上から見ても斜めカットが大きな特徴です。
※写真はチタンテールです。

<価格>
 チタン スラッシュカット:¥126,000 (消費税抜き)
 チタン ストレートカット:¥123,000 (消費税抜き)
 SUS スラッシュカット:¥119,000 (消費税抜き)

SE後 M/C後 チューンドサイレンサーチタンテール4本出し【 車検対応 】

M/C後 チューンドサイレンサーチタンテール4本出し【 車検対応 】 チューンドサイレンサーチタンテール4本出し【 車検対応 】 | テール部アップ
【テール部アップ】
チタンスラッシュテール左右2本ずつの4本出しです チューンドサイレンサーチタンテール4本出し【 車検対応 】 | 下から見た画像
【下から見た画像】
下から見た画像です チューンドサイレンサーチタンテール4本出し【 車検対応 】 | マフラー内部吸音材
【マフラー内部吸音材】
マフラー内部吸音材
【 アドバンテックスグラスウール(※1) 】
■フォトギャラリー クリックしてください



平成22年4月新基準適応の“車検対応マフラー”です。
近接騒音94dB
加速騒音82dB

<性能>
【 チューンドサイレンサーチタンテール4本出し 】は実績のある、メインパイプ径65φ、出口径90φを採用。

ノーマルマフラーからの交換時、馬力9.4psアップ トルク0.7kg・mアップ(テスト車両:RX-8マイナー後RS)

グラフを比較すると、全域でトルクが向上しているのがわかります。
また、名前の通り、音質にもこだわって作りました。
“アイドリングや低回転では音量も少なく、回すと気持ちいいロータリーサウンド”が開発コンセプトです。

<“耐久性”>
アールマジックのマフラーは、「音」「パワー」「見た目」だけでなく“耐久性”にも拘ります。

ご存知のとおり、マフラーは消耗品です。
日頃の走り方にもよりますが、音質・音量が経年変化してしまいます。
弊社のマフラーを気に入ってお使いいただくユーザーに、少しでも長い期間ご使用いただく為、消音材に連続繊維(極細35ミクロンの連続した繊維)である【 アドバンテックスグラスウール(※1) 】を採用しました。

これは大手マフラーメーカーや一部の欧州車には純正でも採用されている物で、従来の断片繊維のグラスウールに比べて耐熱性に優れていますので熱による消音効果の低下を抑えられます。

また、連続繊維である為、従来の断片繊維に比べて長期間の使用に伴う繊維の飛散による「消音効果の低下」や「音質の変化」が少ないのも【 アドバンテックス 】を採用するメリットの一つです。

※1 Advantex(アドバンテックス)は、オーウェンスコーニング社の登録商標です。

<“外観”>
チタンテールスラッシュ(斜め)カットを採用しています。
「斜め度」は、従来のステンレステールでも採用していた【 20°カット斜め45°ひねり(笑) 】弊社こだわりの『横から見ても上から見ても“ほどよい斜め”』です。

これに加え、フィニッシュは内側にカールさせることで厚みを持たせ、後方から見た際の“高級感”を出しています。


■装着に関しての注意点
 純正バンパーはそのままでは干渉しますので、弊社マフラーガーニッシュ併用。
 もしくはR Magicリヤバンパーとの併用をお奨めいたします。

■弊社従来品(左右2本出し)をご使用の方には、センターパイプレスの商品を設定いたしました。

<価格>
マフラーセット ¥157,000 (消費税抜き)
センターパイプレス ¥138,000 (消費税抜き)

※1月上旬デリバリー開始予定 現在予約受付中
 それ以降の納期は1週間以内です

SE前 M/C前 チューンドサイレンサーチタンテール4本出し

M/C前 チューンドサイレンサーチタンテール4本出し チューンドサイレンサーチタンテール4本出し | やや下から見た図
【やや下から見た図】
チタンスラッシュテール左右2本ずつの4本出しです チューンドサイレンサーチタンテール4本出し | 下から見た画像
【下から見た画像】
下から見た画像です チューンドサイレンサーチタンテール4本出し | マフラー内部吸音材
【マフラー内部吸音材】
マフラー内部吸音材
【 アドバンテックスグラスウール(※1) 】 チューンドサイレンサーチタンテール4本出し | 真横から
【真横から】
内側と外側のパイプに10mmの段差を設け、存在感を出しました。
■フォトギャラリー クリックしてください



<性能>
【 チューンドサイレンサーチタンテール4本出し 】は実績のある、メインパイプ径65φ、出口径90φを採用。
近接騒音90dBの“保安基準適合マフラー”です。
ノーマルマフラーからの交換時、馬力9.4psアップ トルク0.7kg・mアップ(テスト車両:RX-8マイナー後RS)グラフを比較すると、全域でトルクが向上しているのがわかります。

また、名前の通り、音質にもこだわって作りました。
“アイドリングや低回転では音量も少なく、回すと気持ちいいロータリーサウンド”が開発コンセプトです。

<“耐久性”>
アールマジックのマフラーは、「音」「パワー」「見た目」だけでなく“耐久性”にも拘ります。

ご存知のとおり、マフラーは消耗品です。
日頃の走り方にもよりますが、音質・音量が経年変化してしまいます。
弊社のマフラーを気に入ってお使いいただくユーザーに、少しでも長い期間ご使用いただく為、消音材に連続繊維(極細35ミクロンの連続した繊維)である【 アドバンテックスグラスウール(※1) 】を採用しました。

これは大手マフラーメーカーや一部の欧州車には純正でも採用されている物で、従来の断片繊維のグラスウールに比べて耐熱性に優れていますので熱による消音効果の低下を抑えられます。

また、連続繊維である為、従来の断片繊維に比べて長期間の使用に伴う繊維の飛散による「消音効果の低下」や「音質の変化」が少ないのも【 アドバンテックス 】を採用するメリットの一つです。

※1 Advantex(アドバンテックス)は、オーウェンスコーニング社の登録商標です。

<“外観”>
チタンテールスラッシュ(斜め)カットを採用しています。
「斜め度」は、従来のステンレステールでも採用していた【 20°カット斜め45°ひねり(笑) 】弊社こだわりの『横から見ても上から見ても“ほどよい斜め”』です。

これに加え、フィニッシュは内側にカールさせることで厚みを持たせ、後方から見た際の“高級感”を出しています。


■装着に関しての注意点
 純正バンパーは干渉しますので加工が必要。
 R Magicリヤバンパーとの併用を強くお奨めいたします。

■弊社従来品をご使用の方には、センターパイプレスの商品を設定いたしました。

<価格>
マフラーセット ¥157,000 (消費税抜き)
センターパイプレス ¥138,000 (消費税抜き)

SE前 エキゾーストマニホールド

RX8 エキゾーストマニホールドフロント及びリアハウジングからの排気ポートは45Φ、インターミディエイトの排気ポートは42.7Φに設定。
このレイアウトは排圧を適正に保ち、低回転でのトルク感を損なわず、高回転での伸びとレスポンスを両立させます。
全域で最大約10psのパワーアップに成功。
材質はステンレス(SUS304)バフ仕上げで、音質もノーマルEXマニと比較して、よりレーシーなロータリーサウンドになります。
社外排気温度計を追加する際に便利な、センサー用ボスを標準装備しました。
※エキゾーストパーツのテストにはすべてタイプS(250ps仕様)を使用。
馬力の向上値は、エンジンのコンディションなどにより異なります。

<価格>
¥109,000 (消費税抜き)

SE前 サウンドチューンマフラー(左1本出し)

RX8 サウンドチューンマフラー(左1本出し)大好評の【サウンドチューンマフラー】シリーズ第3弾!
左シングル出しマフラーです。
通常の出口が左右2本に対し1本になることによる、排気効率の低下をメインパイプ径を見直すことによりクリアーしました。
出口径も、より迫力を出すため、2本出しの90φから101φにアップしました。
焼き色が変化すると好評のチタンテールを採用しました。
1本出しになっても、従来の【サウンドチューンマフラー】と同様、アイドリングの音量は小さめで、高回転まで回すと気持ち良い音量になります。
勿論、音質にはこだわりました。
※仕様
メインパイプ:ステンレス(SUS304)製 70φ
出口:チタンカール101φ
※納期目安 2週間以降。

<価格>
¥78,000 (消費税抜き)

SE前 ワイドボディキット専用マフラー

RX8 ワイドボディキット専用マフラー
※写真のワイドボディキットは別売りです。
※納期目安 2週間以降。

<価格>
¥110,000 (消費税抜き)

SE前 SE後 サイレントスポーツキャタライザーADT

純正触媒と比べ排気抵抗を大幅に低減させながら高い排ガス浄化性能を発揮するスポーツ触媒です。

メインパイプ径80φ、キャタライザー部は150セルを採用し抜けを重視した設計となっており、純正触媒との比較ではパワー&トルクはもちろんレスポンスとも全域に渡り大幅に向上します。

従来品(一般的なグラスウール使用)の場合純正触媒よりもわずか3dbほど騒音レベルは上がりましたがリニューアルバージョンの【 アドバンテックスグラスウール(※1) 】を採用した本品は、純正触媒仕様よりも騒音レベルは2dB弱下がります。

【 音量試験 】
測定E/G回転数 約6000rpm
純正触媒測定音量 86.4db
キャタライザー 測定音量 84.6db
※テスト時、RMチューンドサイレンサー(約20000km走行)使用


また、“耐久性も大幅に向上”しました。
マフラーと同様に、サイレンサー付きキャタライザーは消音材に一般的なグラスウールを採用している場合、音質・音量が経年変化してしまいます。
弊社キャタライザーを気に入ってお使いいただくユーザーに、少しでも長い期間ご使用いただく為、消音材に連続繊維(極細35ミクロンの連続した繊維)である【 アドバンテックス 】を採用しました。

これは大手マフラーメーカーや一部の欧州車には純正でも採用されている物で、従来の断片繊維のグラスウールに比べて耐熱性に優れていますので熱による消音効果の低下(経年劣化)を抑えられます。
また、連続繊維である為、従来の断片繊維(一般的なグラスウール)に比べて長期間の使用に伴う繊維の飛散による「消音効果の低下」や「音質の変化」が少ないのも【 アドバンテックス 】を採用するメリットの一つです。

※1 Advantex(アドバンテックス)は、オーウェンスコーニング社の登録商標です。


重量は純正触媒の10.6kgに対し7.2kgと、3.4kgの軽量化になります。
アイドリングは静かなノーマル+αですが、高回転になると
NAロータリーらしいエキゾーストサウンドを奏でます。

■車検対応品です。
付属の証明書に車体番号をご自身でご記入くださればそれだけで車検対応書類の完成です。

※SE前期及びSE後期6速MT車に適応。

<価格>
¥115,000 (消費税抜き)
Return to Top ▲Return to Top ▲